木造?鉄骨?鉄筋?構造を確認しておきましょう

建物の構造の種類。どれがいいの?

皆さんが賃貸物件を探すときに見る条件はどこですか?賃料、間取り、築年数など…人によって最も重視する点は変わってくると思います。
賃貸物件を借りる際に、部屋を選ぶ条件として「構造」は大事になってきます。それはなぜか?順を追って説明していきますね。

まず建物の構造の種類。木造、鉄骨、鉄筋、鉄筋鉄骨…とあります。日本におけるベーシックなのはやはり木造でしょう。アパートなどで多く見られます。賃貸マンションなどになると、RC造(鉄筋コンクリート造)やSRC造(鉄骨鉄筋コンクリート造)が多くなってきます。

そもそも構造の違いで何が変わってくるのか。通気性や防音性、耐火・耐震性、コストも変わってきます。特にコンクリートを使用するRCやSRCに関しては、木造に比べても手順が増えるためコストもかかってきます。つまり、賃料が高くなることが多くなります。

構造を選ぶには、自分が何を重視するか。

それぞれの構造にメリットがありデメリットがあります。騒音トラブルの元にもなる防音性に関しては、コンクリートを流し込むRCやSRC造が優位になります。(ただし、すべての音を遮断できるわけではないです。) 耐火・耐震性に関してもRC、SRC造が優位です。しかしながら建築コストがかかるため、鉄骨造や木造に比べて賃料が高くなることが多いです。 最近の新築アパートなどでは、コストのかからない木造を使い、内装などにお金をかけている物件も多々あります。しかしながら、防音性はあくまで木造のためあまり期待しないほうがいいでしょう。 鉄骨造には重量鉄骨と軽量鉄骨を使ったものがあり、軽量鉄骨の防音性はあまり期待できません。さらに軽いため揺れやすい特徴もあります。 建物によって木造でも弱点をしっかり補っていたりします。内見や物件探しのときにしっかりとポイントを見極め、わからないことは担当の人に確認してみましょう。

北見の賃貸情報は写真や周辺情報の記載が充実しているため自分で検討しやすいです。問い合わせもしやすい環境です。

© Copyright House Lease Contract. All Rights Reserved.